ルタオのナイアガラのショコラを食べてみました。賞味期限と味など


ルタオのナイアガラ「ナイアガラ・ショコラ・ブランフレ」を通販でお取り寄せしました。

  • 「ナイアガラ・ショコラ・ブランフレ」の味と食べてみた感想
  • ギフトに使う場合には気になる「ナイアガラ・ショコラ」の箱の大きさや外見の「かわいさ」
  • 賞味期限、原材料についても書いてみました。

目次
1.ルタオの「ナイアガラ・ショコラ・ブランフレ」
2.ナイアガラ・ショコラ・ブランフレの賞味期限
3.ナイアガラ・ショコラの原材料
4.ギフト利用|箱の大きさ・外見は?
5.ナイアガラ・ショコラ・ブランフレの価格
6.ルタオのナイアガラを実際に食べました

ルタオのナイアガラ

ナイアガラ・ショコラ・ブランフレの特徴

ルタオのナイアガラ・ショコラ・ブランフレは、「チョコレートなのに果実のようなみずみずしさ」をコンセプトに作られました。

  • チョコレートなのに果実のような、みずみずしさ
  • 北海道産のナイアガラワインにホワイトチョコレート
  • まるで本物のぶどうのような、みずみずしい爽やかさ

ナイアガラ・ショコラ・ブランフレの賞味期限

ルタオのナイアガラ・ショコラ・ブランフレの通販は、冷蔵便で届きました。

  • 8月20日にインターネットで注文
  • 日付指定で、8月23日に届きました。

冷蔵状態の賞味期限は、9月20日でした。

ナイアガラ・ショコラの賞味期限は、通販の注文日から1ヶ月でした。

3.ナイアガラ・ショコラ・ブランフレの原材料

商品名:ナイアガラ

ナイアガラの原材料

  • ココアパウダー
  • 植物油脂
  • 生クリーム
  • 砂糖
  • マーガリン
  • 乳糖
  • ワイン(ナイアガラ)
  • 全粉乳
  • 脱脂粉乳
  • 還元水飴
  • コーンスターチ
  • ソルビトール
  • トレハロース
  • 乳化剤
  • 香料
  • 着色料(クチナシ、紅麹)
  • (原材料の一部に大豆を含む)

保管方法

直射日光、及び湿度を避け、15度以下の冷暗所で保管下さい。

※ルタオのチョコの中でも、「ロイヤル・モンターニュ」の保管温度は 20度以下ですが、ナイアガラはそれよりも5度低い「15度以下の冷暗所で保管」してください。

ナイアガラ|箱の大きさ・外見は?

「ナイアガラ・ショコラ」をバレンタイン・ホワイトデー・誕生日などのギフトに利用する場合には、お味だけでなく、外見の箱のセンスや大きさなども気になるところです。

今回は、ナイアガラ「8個入り」をお取り寄せしました。

「ナイアガラ」の箱のパッケージと大きさ、中味はどんな風に入っているのか、見てみたいと思います。

箱のパッケージと大きさ

ルタオから冷蔵便で届いたチョコレートです。

梱包材で丁寧に梱包されていました。

※通販では4種類のチョコをお取り寄せしました。ルタオの外箱(冷蔵便)には、4種類のチョコがまとめて入っていました。

ナイアガラ・箱のデザインと大きさ

ナイアガラ8個入りの外箱です。

外箱の大きさは、縦 9.5センチ × 横 17.4センチ × 高さ 3センチでした。※採寸の誤差はご容赦ください

同じくお取り寄せした「ロイヤル・モンターニュ」は、箱の外にビニールの外袋がありましたが、ナイアガラの箱の外には、ビニールの外袋は付いていませんでした。

ロイヤルモンターニュのビニールの外袋はこんな感じでした。

関連記事:ルタオのチョコ「ロイヤルモンターニュ」を通販で。賞味期限と味は?

ナイアガラの外箱は、ロイヤルモンターニュと同じく、紙製の外箱でした。

箱のデザインは、黒をバックにナイアガラをイメージした、おしゃれなデザインでした。

ナイアガラ・中のチョコレートは?

ナイアガラの箱を開いてみたところ。

中には、ナイアガラのカードと、チョコレートはビニール製の袋に包まれていました。

ビニール製の袋の中から、ナイアガラを取り出してみました。

この時点で、ナイアガラのとても良い香りが漂いました。

宝石のようなナイアガラ

5.ナイアガラ・ショコラ・ブランフレの価格

ルタオの「ナイアガラ・ショコラ・ブランフレ」の価格は、

  • 8個入り 864円(税込み)

通販でお取り寄せする場合は、送料890円がかかります。

ルタオのナイアガラを実際に食べました

通販でお取り寄せした、ナイアガラ・ショコラ・ブランフレを実際に食べてみました。

通販は、冷蔵便で届きました。

箱に入ったナイアガラ・ショコラ・ブランフレ。

ナイアガラ・ショコラ・ブランフレの味は?

ナイアガラ・ショコラ・ブランフレを1個食べてみる前から、チョコをケースから出した時から、ナイアガラの良い香りが、ふわーっと漂いました。

ナイアガラの繊細な味が、ふわーっとして、チョコは口の中で溶けていきます。実際に食べてみると、

あれ、もうなくなっちゃった!?

という感じ。

繊細な味なので、コーヒーと一緒に食べると味が飛んでしまいそう。一緒に飲むならコーヒーより紅茶の方がよさそうです。

暑い夏に食べたのですが、ロイヤルモンターニュに比べると、暑い温度に弱い感じでした。

夏の暑い時に食べるなら、食べる直前まで15度以下の冷暗所に置いておくのが良さそうです。

ロイヤルモンターニュと、いちごの「プチショコラストロベリー」、ナイアガラの3種類のチョコをお皿にだして食べた時、冷蔵庫からチョコを出して5分くらい、たっていたでしょうか。ナイアガラのチョコだけ、汗をかいていました。

もっとも、30度近くある夏に食べたので気温が暑すぎたのかも。秋~冬~春に食べるなら、こういう問題もないと思います。

アルコールに弱い人でも大丈夫?

ルタオのナイアガラは、原材料に、ナイアガラワインを使っています。

ナイアガラの良い香りで、ふわっと溶けていくチョコは本当に美味しいのですが、子供やアルコールに弱い人が食べてしまっても大丈夫?

実際に、ナイアガラ・ショコラを食べた時、味の中に、ワインやアルコール感は感じませんでした。

そして実際に、6才になる娘も「ナイアガラ・ショコラ」を食べていたのですが。

アルコールやワインはダイジョブ?なんていう親の心配をよそに、「おいしい、おいしい」と言って、普通に食べていました。

味に嫌がるそぶりもなく、食べた後もアルコールに酔うこともありませんでした。

それどころか、夏に冷して食べると、口当たりも良いので次々に食べたがっていました。

以上「ルタオのナイアガラのショコラを食べてみました。賞味期限と味など」でした。

関連記事:ルタオのケーキとチョコ。チーズケーキを通販で。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする